スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LANDECKです

ミラノを出て、北へ向かいました。
お目当ては再びスイスのベルニナ急行。氷河急行より高い位置を、イタリアとの国境越え、という文句に惹かれて是非!と思ってしまいました。実際は国境越えといってもTiranoらへんだけイタリアにちょっとかかっているだけで、路線のほとんどはスイスに入ります。
朝、ホテルを出たときは雨が降っていたのでいい景色が望めないのではないかと心配していましたがTiranoに近づくにつれて晴れてきました。しかし、朝一本欠便になったらしく、駅に着いて1時間強待ったあとにようやく出発。
CIMG4118.jpg

CIMG4119.jpg

CIMG4121.jpg


Tiranoでの待ち時間中にテイクアウトのピザを買って乗車。思いのほか大きく箱は宅配サイズで(道行く爺ちゃん婆ちゃんにニヤニヤされた笑)
食べるのに手こずっていたら、初めの部分のシャッターチャンスを逃しまくってしまいましたが、街のなかをうねりながら、ゆるやかに上っていく赤い電車はとてもわくわくします。真昼だけど銀河鉄道みたい。

頂上付近ではきれいな小川もあって途中下車しようか迷ったけれど腰が重くスルー。。本数も少ないし。スイスの川遊びを結局しないまま、ちょっと心残りです。

CIMG4130.jpg

CIMG4131.jpg

CIMG4134.jpg


そして、今日はオーストリア入りしました。終点からバスを3本乗り継いで、ここLANDECKへ。このあたりはチロル地方と呼ばれているらしく、スイスと景観はあまり変わりません。
バスからLANDECKのホテル地帯を通過して、駅へ到着。駅のまわりは何もないのでちょっと焦りました。もう夜の7時半。こちらもこの時間帯はもう暗くなってきました。タクシーで引き返すのもばかみたいだし。。
でも10分ほど歩いたら他のホテル地帯に着いたので一安心。。と思ったら4つ星ホテルしかない…?
安宿を探している旨を伝えてホテルリストをもらおうとしたら、not so niceだけど29ユーロで地下に秘密の部屋(とは言っていないけど)があるとのこと。見せてもらったら全然niceだったのでここに決めた!ふ~よかったよかった。。
CIMG4136.jpg

サウナも入っちゃったし、チーズ美味しかったし、明日の朝食がとても楽しみ。もう一泊したい気もするけど、キリないしな。。

ホテルの前に川が流れているので、ラストチャンス!明日ちょっと遊んでから発ちたいと思います。
スポンサーサイト

ミラノにやってきました

ですが、ホテルに着いたばかりでまだ何も見ていないです。
シャワー別にしたら、シャワーがトイレと一緒かつ仕切りのカーテンすらなかったので、シャワーつきに替えてもらったら50ユーロしました。。都心だから仕方がないか。。しかし、部屋が塩素くさくて頭が痛い。。今までドアを叩いて宿を決めても施設に耐えられないことはなかったのですが、ここにきて問題発生。
イタリアはwi-fiあまりなくて、ネットカフェも高い。ユースも駅から離れているし。いまはホテルのロビーの有線を付け替えさせてもらって使ってます。先ほどから犬がガフガフいいながら、足元をいったりきたり。。
電車に乗っても、どこにいても何かと騒々しいです。ラテン系パワーに負けないようにしなくては。。
語学学校で一緒だった友達と連絡がとれたので、今夜は一緒にディナーです♪・・会えるはず。。

NICEなNice

マルセイユから3時間、コートダジュールの海岸を眺めつつ、電車に揺られてやってきました。カンヌ他、名の知らぬ駅などここに来るまでもビーチが賑わっていて選択肢はニースだけではないのよね、と思った。

到着は5時近く宿が心配だったけれど意外とすんなり決まり、シャワーを浴びてアヴィニョンで出会った川島さんに会いに行った。地元で評判のオイスターバーを調査していてくれて、シーフードはしばらくいいやと言うほどに満喫。

CIMG3892.jpg


最初の夜からだいぶ飲みすぎてしまい、2日目は昼から行動開始。。結局シャガール美術館にしか行けなかった。クレーの美術館もそうだったけれど、特定の画家のホーム美術館(?)てあんまりパッとしない。。名作は出払っているようで、インパクトもあまりなくさっさと出てきてしまった。でも併設のカフェがいいかんじだったのでそこでサラダとワインをオーダー。

CIMG3893.jpg

店員さんが日本人らしき人だったのでちょっとお話しするとワーホリで来てるとのこと。南仏の美術館のカフェで、、なんて素敵すぎる…!!


そして今日は早いもので最終日。朝からはりきって海岸沿いを歩き、マセナ美術館へ。

CIMG38991.jpg

海に入るのは昼過ぎごろのほうが温かいかなと思ったけれど、あまりに海がきれいだったので予定変更。ホテルに折り返し水着に着替えた。でも、実際に海に入ると予想以上に波が高くて、たまに大きい石が足にぶつかって痛い。。思い切れずに波打ち際でよろけたり座ったりして遊んでいたけれど、もうちょい沖にでればぷかぷか浮いていられたかもな。


その後にマセナ美術館へ行き、ニースを描いた水彩の風景画が気に入った。ここはフリーなのにすごく立派な建物でそれだけで見ごたえがありますよ。

CIMG3903.jpg


その後はまた海岸に沿って旧港のほうへテクテク散歩。羅干ししている人がほとんどであまり泳いでいる人はいない。水際の乳白色から濃いブルーへ、純度の高い青のグラデーションにうっとり。海水は意外とぬるく心地よく、とろっとしてるけど乾くとベタつかずにさらさらと塩が払えて素敵。

CIMG3916.jpg


丘の上からもう一度ニースの海岸を望み、旧港へ出た。

CIMG3922.jpg

CIMG3931.jpg


昨日のカフェの店員さんから美味しいイタリアンがあると聞いたけど名前を忘れた・・。そして夕方の中途半端な時間帯だから開いているお店も限られていてピザ気分でいたのに空腹とお値打ち感に負けてムールをオーダー。しかしお値打ち感が決め手となる常で、品はたいしたことはなくがっかり、でも量はしっかり、つられてワインもたっぷり、ほろ酔いよりもおなかいっぱいで苦しく、もう夜ご飯を楽しむ余裕はなかった。。

ホテルに帰る途中、広場で路上演奏してるピアニストがいた。
CIMG3933.jpg

ピアノだよ!?ってことで手配した手間にもう脱帽だけれど月光をすごい速さでキレよく弾いていた。テク系の曲ばかりやっていたのかもしれないけど。指がツタのように長く反り返っていて、特技:ピアノ、以上。と感じさせる彼だった。

そんなこんなで明日はエズという電車で15分離れた街に行き、イタリアに入る予定です。

Avignonの橋の上より。。

マコンから電車で3時間。途中、車窓から見える一斉にうなだれたヒマワリ畑が悲しすぎであった。。
だいぶ南下してきたので日差しが強く、白い幹と明るい葉っぱのざわめきに南仏を感じ。

CIMG3664.jpg

CIMG3676.jpg

CIMG3669.jpg

CIMG3683.jpg

CIMG3707.jpg

ずっとここにいたいと思うほど心地よく、3泊もまったり過ごしてしまった。
アヴィニョンの橋の上で、ほんとにくるくる踊ってる夫妻がいた(笑。

なんとか廷併設のワインショップでグラスワインが飲めて、そこでワイン好きの日本人のお姉さんと出会いちょっとお喋り。だんだん川島なおみに見えてくる・・(以下、川島さん)。自分は予定が定まっていないけど、ニースで会えたら会いましょう、ということでお別れ。


最終日はポン・デュ・ガールとアルルをまわる強行スケジュール。たいしたことやってないんだけども前者のアクセスが悪いから、ちょっと辛くなってしまった。でも、時間ができたおかげで素敵なカフェと川に入っての記念撮影ができたので悪くはなかった。

CIMG3755.jpg

CIMG3744.jpg

大概フランスのカフェやレストランは12時からじゃないと食べ物を提供してくれないみたい。ここで食事もしたかったな。
アルルは川島さんいわく、プチ・イタリア。実際売っているものや建物がカラフルで小さなコロッセオもあった。カフェやレストランがたくさんあって、アヴィニョンより若干物価が安いような。。

CIMG3761.jpg

ここはゴッホが晩年暮らした地であり、私も実際にここへ来て日差しを感じ、彼があんなに暑苦しいほど力強く描きたくなる気持ちがわかった気がして、親近感がわいた…が、彼はオランダ出身らしい…。そして、暑さでバテてバスが必要なアルルの跳ね橋は行かずに帰ってきた。

レマン湖のほとりより

switzerlandにやってきました。今日で6日目ですが時間とネット環境がないので、手短に生存報告。。
昨日はルツェルンでコンサートを聴き、湖、山、森を通り抜けてフランス語圏のローザンヌにやってきました。見たことないくらいきれいな湖です。

天から光が、、

がしかし、宿に空きがなくこれからモントルーまで折り返します。。今はローザンヌのホステルでネットを使わせてもらっています。明日はここに泊まることに。。

チョコとバターが美味しいです。
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

こしかけQ

Author:こしかけQ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。