スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西の果てより

ついにポルトガルまでたどり着きました。

CIMG5124.jpg

CIMG5107.jpg

CIMG5138.jpg

CIMG5112.jpg

がしかし、明日もうデンマークに発つのです。
スペインから一度も更新できませんでしたが、セビーリャからリスボンに入り、3泊した後今はポルトにいます。
リスボンではゆっくり過ごすつもりでいたとはいえ、ゆっくりしすぎてやりそびれたことが多々あり。
小さい街なのでまる二日もあれば充分なはずなのに。でも実際、疲れが溜まっていたのかあまり動けなかったという事情もあり。帰国が近づいて体が早くも油断しているのかな。

しかしネット環境が整っているというのは快適だなぁ。。酸素が濃いという心地・・。

ひそかに、リスボンでは西の果てに沈む夕日に目を細め、旅の終わりをかみ締めて放浪時代の幕を閉じるのよ・・!なんて思っていたのに夕焼けスポットにある観光を昼にすませてしまい、くたびれて帰ってしまった愚かな私・・。その日夕暮れ時の空はピンク色できれいだったのに、また行く元気がなくて、ポルトで見ればいいかあ、、なんて妥協してしまった。
そして、ポルトに来たらお天気はいまいち。。いちおう海岸に向かってみるも、どっちみち日の入りまでは間に合わず、ただ西の海を眺めるために歩き続けた。付いた頃にはもう真っ暗。。

CIMG5169.jpg

CIMG5173.jpg

それでも海岸で波の音を聞いて、果てまで来たことを感じることができたから行ってよかったかな。しかし、果ての果てまでと桟橋の上を歩いていたら沖に出すぎて海の轟きが聴こえ、恐怖でさっさと折り返してきてしまった・・・。夜の海は怖いやね。。

もうひとつやりそびれたことは田辺誠一が作ったnowhereという作品のロケ地めぐり!そもそもポルトガルに憧れたきっかけであったはずなのにちっとも下調べしておらずあのシーンはいずこ・・?と憧れは憧れのまま、リスボンを発ってしまいました。。自分が歩いた街も素敵だったけれど映画の世界はもっと幻想的だったような。。

そんな未練と、今回行けなかった都市もあるし、またポルトガルには来たいなぁ。
そしてここはなぜかフィンランドと似た心地よさを感じた。賑わいすぎておらず、穏やかで少し寂しい。そしてポルトはリスボンに比べてより、哀愁漂っている。

CIMG5159.jpg

今日、夜食事をしようとお店を探していたら8時のシティーセンターの静かなこと・・。
ホテルの周りでやや地元色を感じる適当そうなカフェがあったのでそこに入ったらほどよい人口密度で、音あわせしているアコースティックバンドやネットしている人やらいろんな人がくつろいでいて、よそ者の肩身の狭さもなく心地よかった。

3日後にはもう日本と思うと、ほっとする反面寂しい。日常をもたないさすらい者気取りももう終わり。しばらく地に足をつけて生活しなければ。
沢木耕太郎の言葉で、旅には適齢期があるかもしれない、だって。私もそう思う。


※ナポリの記事を追記⇒編集中にしており一時的に消えてしまっているけれど。書き込みありがとう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

こしかけQ

Author:こしかけQ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。